アゴ周りにニキビができた! もういい歳して…

私は中学の3年生になると、にきびが顔中にできてしまいました。家の近くの薬局で、にきび用の軟膏を買って顔のニキビに塗っても、にきびは治りませんでした。その時の私のクラスで、ニキビがひどい女子は、私だけw( ▼o▼ )w オオォォ!!
にきびをなんとか治したくて、一日に何回も顔を洗うこともありました。私の顔は、なんとなく脂が浮いているような気がするから…
それなのに、クラスの口の悪い男子に「顔、洗ってるの?」って言われて、辛かったです。隣のクラスに好きな男子がいたけれど、恥ずかしいから、にきび顔を見られないようにしていました。
ニキビは高校へ行っても、しつこくて治らなかったけれど、就職する頃には、不思議に自然と治ってしまいました。
今ならわかるけれど、ニキビのできた顔を何回も洗うのは、かえって、ニキビにはよくないんですね。
ニキビをできないようにするには、肌の保湿と乾燥を防ぐことが、一番大切です。
にきびができている時には、洗顔したら、乾燥する前、すぐに、化粧水で保湿ケアをしっかりとして、肌が乾燥しないように水分をたっぷり与えたら、クリームでオイル成分で水分の蒸発を防げば、にきびケアとして、完璧です。
ニキビはもうできないと思っていたら、先週から、口周りににきびができてしまい、困っています。
こんなおばさんになってできるニキビは、大人ニキビなんです!ほとんどの大人にきびは、アゴ周りのニキビだそうです。
口周りは、汗をかきにくいため、乾燥しやすく、毛穴が小さいので、皮脂が詰まりやすく、にきびができてしまうんです。中学生の頃のニキビと違って、ストレスやホルモンバランス、ターンオーバーの乱れなどが、原因のようです。ストレスをためないように気をつけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です